このエントリーをはてなブックマークに追加

胃がんについて勉強しよう!

日本人の2人に1人は、生涯においてがんを発症するとされています。
さらにそのうち3人に1人は、がんによって死亡します。
そんながんの中でも特に死亡率の高いものが「肺がん」です。
肺がんの患者数は年々増加傾向にあります。
特に男性における肺がん患者というのは、継続的に右肩上がりとなっており、1995年以降、もっとも死亡率の高い部位のがんとなりました。
では、二番目に死亡率の高いがんは、何でしょうか。

それは「胃がん」です。
胃がんは、日本人の死亡率の中でも非常に高いものとなっています。
その死亡率は1965年がもっとも高かったのですが、徐々に下がって行きます。
ですが、大きな推移はなく、医療技術の発達した現代においても死亡率が高いがんとされています。

この胃がんとは、悪性腫瘍が胃の粘膜に発症したものです。
胃がんは特に男性に多いとされる病気で、特に50代から60代に集中して発症例が多くなっています。
ですが昨今では、30代から40代女性に多く見られる「スキルス性胃がん」というものがあります。

胃がんの多くは、消化不良や不快感、膨満感などの症状が表れます。
また、食欲低下や嘔吐に伴う体重減少なども目立った症状です。
これらの初期症状が表れたら要注意です。
胃がんは日本人のがんの死亡率の中で、二番目に高いとされていますが、それは早期発見による治療を行うとその可能性は極端に下がります。
そのため、定期的な検査は、胃がんを予防するために非常に重要なことと言えます。

胃は臓器の中でも栄養を得るために重要な臓器です。
ですから、胃がんを発症すると絶望的な気分に覆われます。
しかし、昨今では早期発見による早期治療で、その進行を食い止めることが可能です。
また、発見が早期の場合は完治も見込めるがんです。
そのため定期検診で行われるバリウム検査は、ぜひ受けた方が良いと言えるでしょう。
現在胃がんを発症しない方も、常に胃がんの発症の可能性を考慮しておくことが、胃がんの対処法と言うこともできます。
Search


Pagelist
Copyright (C)2015胃がんについて勉強しよう!.All rights reserved.